「真の自由」を手に入れろ!

Nomad90.「トヨタ、ターボ車強化って何がやりたいねん!?」

トヨタがハイブリッド車やプラグインハイブリッド車、そして電気自動車だけでなく…。

 

 

ターボ車も強化とのこと。

一体何がしたいねん…!?

これが私の率直な感想。

 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

自動車業界でどういうポジションを狙っているのでしょうか?

もう「何でも屋」の極みですね。

 

 

トヨタはエコカー戦略として9/24、

ハイブリッド車を2015年までに21車種投入することを発表。

 

 

13年以降の世界販売台数は100万台以上を目指すとのこと。

そして燃費性能と出力を両立させる

「ターボエンジン車」も14年以降に発売予定。

 

 

エンジンのダウンサイジングで犠牲になる出力を過給器で補う構造。

欧州メーカーではよく使われるこのターボエンジン。

トヨタにとっては強みのハイブリッド車に対し、

どちらかというと弱みに近い部分。

 

 

実際、ここ10年ほどは新車でターボ車は発売していなかったのでは?

アリスト(現レクサスGS)の直6ターボが最後だったような気もします。

ちなみに私もこのアリストに乗っていました(笑)

本当によくできたクルマだと思います。

 

 

 

 

むしろここで私が言いたいのは、他者に後塵を拝している分野に

今から参入することの戦略のお粗末さ…。

 

 

トヨタしてはハイブリッド車プリウスで築いたエコなブランドを強化するべき。

もっともそのブランディングも日産のリーフ(電気自動車)により

ジワジワと覆されつつあるのも事実。

 

 

結局、他社がやっているからという理由だけで、

開発工数もかかるターボ車に参入したわけです。

 

 

まぁトヨタのお偉いさんもサラリーマンですからね。

サラリーマン的な思考に陥るのは当然でしょう。

別に悪い意味ではなく、環境がそうさせているだけで。

 

 

ただ、ここに引き合いをだすのも気が引けますが、

iPhone5のような熱狂的なファンをつくることはないでしょう…。

それこそ徹夜で14時間並ぶような信者を持つことはないですね。

それだけは断言できます。

 

 

5年後、10年後この会社がどうなっているのか?

少し長いスパンで見ていこうと思います。

 

 


フリーランス ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

 

[zenback]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)