「真の自由」を手に入れろ!

Nomad79.「顧客の購買行動は必ずしも合理的ではない!?」

あなたは理性的な方ですか?それとも感情的な方ですか?

 

 

私はエンジニアという職業柄、基本

理性的・合理的な方だと思っています。

なので常に定量値とクライテリア(要するに判断基準のこと)

を明確にし意思決定をします。通常は…。

 

 

そんな私も購買行動において必ずしも合理的ではいられません。

思わず感情により意思決定することだってあるのです。

 

 

今日7年間、17万km乗った愛車アリストを売却しました。

 

 

 

 

実は昨夜、愛車の下取り見積もりをネットでかけたのです。

すぐに2件電話がありました。

 

 

ひとつはテレビでもおなじみ、大手のガ◯バー

ガ◯バー:

「明日、近くの店舗でお車を査定させて下さい。何時がよろしいですか?」

私:

「分かりました。では11:30に伺わせて頂きます」

 

 

もうひとつは、ネームバリューでは落ちるカー◯ス

カー◯ス:

「明日、ご自宅まで査定に伺います!何時がよろしいですか?」

私:

「自宅まで来てくれるのですか?では9:00にお願いします」

 

 

そして今日、雨が降るなか、

カー◯スの方が車の査定にわざわざ自宅まで来て頂きました。

 

 

正直、私のアリストは17万kmも走っており、

フロントとリアバンパーに大きな傷も何カ所かあるので、

下取り金額などそもそも期待していませんでした。

 

 

むしろ新しい車を駐車場を停めるため、

早めにアリストを処分したいのが本音のところ。

 

 

カー◯スの方は、

「この状態だとお値段をつけるのは苦しいです…。

ですがなんとか本社とかけあってみます!」

と雨の中でアツいコメント。

 

 

結果、38000円

 

 

まぁ半分は営業上の駆け引きもあったでしょう。

またもっと値段を上げるよう交渉することもできました。

 

 

これがプライベートな案件ではなく、

ビジネスなら間違いなく他社から見積もりをもらい競合させます。

 

 

実際、通常の仕事上ではいろいろな工事メーカーに

見積もりをもらってその内容と価格を比較検討しています。

 

 

ですが、今日はそんな理性などふっとびましたね。

 

 

カー◯スの電話での対応、自宅での雨のなかでの査定。

感情的に即決しました。

「それで結構です。お願いします」と。

 

 

顧客の購買行動というのは必ずしも合理的ではない。

 

 

人間というのは、やはり感情の備わった生き物なのだから。

 

 

このエピソードが、

あなたのビジネスに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

ちなみに7年間乗った愛車が引き取られていくさまは、

少し切なかったです(涙)アリストよ!ありがとう!

 

 

 

 


フリーランス ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

 

[zenback]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)