「真の自由」を手に入れろ!

Nomad206.「ぶち殺そうか、お前!←ユニクロ部長の発言、ブラック認定」

images

 

 

これヤク◯ザが言ったの?

 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

どーやら、ヤ◯ザの発言じゃないらしい。

ユニクロの部長の発言らしい…(笑)

 

 

実際にあった言葉の暴力。

「いいかげんにせいよ、お前!おー!

何考えているんかこらぁ!ぶち殺そうか、お前!

調子に乗るなよ!お前!」

 

 

このセリフは2001年にユニクロ労務部門トップ

を務める執行役員、新庄正明管理部長(当時45歳)

が現役社員A氏(当時28歳)に対し電話で話した内容。

ちなみにソースはこちら。

http://www.mynewsjapan.com/reports/1827

 

 

シャレにならんね。

労務の部長のこのコメント。

そもそもの人間性が疑われる。

45歳の発言じゃないだろう…。

 

 

まだ30歳前後の血気盛んな若手の発言なら、

少しは理解できるような気もするが…。

(それでも社会人として常識ハズレか…)

 

 

こんなん、脅迫行為で逆に訴えられるレベル。

 

 

ちなみにA氏、恐怖のあまり嘔吐。

救急車で病院に搬送されたらしい。

 

 

というのも、これが初めてではなく、

店舗内で実際に上司から暴行を受けて、

外傷を負い、PTSDと診断され診療中の身だったからだ。

 

 

これが事実なら。はっきり言ってユニクロは異常。

ブラック企業以外の何ものでもない。

こんな企業が社会にのさばっていてよいのか?

 

 

まぁ消費者の一人としては、高品質/低価格の

服が買えるユニクロは、庶民の味方なわけだが、

そこで働く気にはとうていなれないね。

どんなに給料が良くても、仕事以前の問題。

 

 

少し話が変わるが、

「モノづくりは人づくり」

という言葉がある。

 

 

結局、良い商品を造って売るためには、

良い人材を育てる必要があるってこと。

 

 

逆に粗悪な人間からは粗悪な商品しか生まれない…。

 

 

今回の記事をよんで、ユニクロで働く人間が

粗悪品であることがよくわかった。

 

 

「ユニクロ社員の全員が悪いわけじゃない」って?

 

 

違うね。

部長クラスの管理職が粗悪品なら、

その部長を部長まで昇格させた上司も粗悪品。

その粗悪品の指導を受けても粗悪品しか育たんだろう。

 

 

箱に腐ったミカンがあったら、

他のミカンも腐るだろう。

 

 

ちなみに、冒頭の部長のヤ◯ザまがいの発言。

実は録音されており、証拠として法廷で提出されている。

なので、間違いなく事実なのだ。

 

 

そして、この「ぶち殺そうか!」発言の新庄氏。

柳井社長に引き立てられ2012年9月からは、

ファーストリテイリングの役員まで出世。

 

 

なにが言いたいかって?

柳井社長も粗悪品。そして、

そんな社長のいるユニクロはブラック企業ってこと。

 

 

反論あるなら、コメント欄にどーぞ。

メールでも結構ですよ。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)