「真の自由」を手に入れろ!

Nomad187.「天職を見つけた!年収は5分の1になった!」

NewImage.png

 

 

世界の食糧問題解決に取り組むNPO法人テーブル・フォー・ツー

(TFT)ご存知だろうか?

 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

TFTの直訳は「二人のための食卓」

 

 

これはいったいどういう意味だろう?

 

 

開発途上国では食糧不足問題が生じている一方、

先進国では肥満が社会問題となっている…。

 

 

その二つの問題を同時に

解決するのがこの「二人のための食卓」

 

 

そう、二人とは貧しい国のひと

と豊かな国のひとのこと。

 

 

彼らの食をつなぐのである。

 

 

TFTプログラムを導入した社員食堂は店舗で

あなたが対象のヘルシーメニューを購入すると、

代金のいくらか(20円とか)が、

アフリカの子供などの給食一食分になるのだ。

 

 

豊かな国に住むあなたは、

ヘルシーメニューを食べることで、

肥満を避けることができ、

そして貧しい国の子供達を

食の面で助けることができる。

 

 

非常にわかりやすいビジネスモデルだと思う。

 

 

何より、手軽に社会貢献ができる点がよく考えられている。

 

 

アメリカやヨーロッパと違い、

日本はボランティアだとか

寄付に少し壁を感じるキライがある。

 

 

募金にしてもそうかもしれない。

 

 

日本は外国に比べ、

貧富の差がないからであろうか?

 

 

そもそも島国だし移民も受け入れていない。

人種間の多様性がないからだろうか?

 

 

それとも生来のものなのか?

 

 

どうもお金を与える or 受け取るという

行為はあまり受け入れられないような気がする。

 

 

ボランティアにしてもそう…。

 

 

一方、健康志向は高まりつつある。

健康緑茶のヘルシアもヒット。

最近ではペプシかコーラかの

特保商品まで発売されている次第。

 

 

そのような国民性と健康志向を

うまくついたこのTFT。

 

 

海外メディアからも

「ユニークでわかりやすい。

賛同したい仕組み。」

と取り上げられているという。

 

 

そのTFTがついこの前TVで紹介されていた。

 

 

その中でアメリカ支部の代表の方は、

前職を辞め、このTFTに参加。

 

 

給料は5分の1になったと言う。

笑いながらそう語っていた。

そこには悲壮感など微塵もない…。

 

 

年齢はちょうど私と同じくらい。

30歳を少し過ぎた程度。

 

 

だが、TVをとおして見る限り彼の顔は充実感に満ちていた。

まさしく、自分自身の人生を歩んでいるといった感じだ。

 

 

前職がアメリカのコンサルかなんかだったかと思う。

(ちなみにTFT代表の小暮氏も元マッキンゼーだったはず)

 

 

給料が5分の1だから今の年収は200万から300万くらいだろうか?

 

 

生活は楽ではないだろう…。

必然的に倹約が求められる。

高いクルマは乗り回せないかもしれない。

好きな酒を飲む事もままならないかもしれない。

贅沢はできない。

 

 

それらを全て捨て彼はTFTで働くことを決意した。

 

 

それが天職だと信じて疑わなかったから…。

それが本当に彼のやりたいことだったから…。

 

 

例えばあなたの前に神様が現れたとしよう。

そして「天職」を与えてくれたとしよう。

あなたはそれを喜んで受け取るだろうか?

いや、受け取れるだろうか?

収入が5分の1になるとして。

 

 

あなたらしく人生を生きることは

お金には変えられないかもしれない。

それでもお金は必要だ。

 

 

好きなことをしてお金もたくさん欲しい…。

それが人間の本音だと思う。

実際、世の中にはそんな人間もいる。

 

 

だが、彼らははじめからそうだったのではない。

 

 

それは、血と汗と涙を流した結果なのだ。

それが「真の自由を得る」ということだろう…。

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)