「真の自由」を手に入れろ!

Nomad185.「リーマン・ショック以降最高水準のボーナス」

20090321015927

 

 

2013年春の賃金交渉で大手自動車メーカーの多くは労働組合の要求に満額回答!

 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

例えばトヨタ自動車なら、

2008年リーマン・ショック以降

では最高水準となる前年実績比24万円増の年間205万円

 

 

ちなみにこれは組合員平均。

少し、統計学をかじったものからすれば、

平均だけの議論なんか、

全然意味をなさないのは周知の事実。

平均とバラツキ(標準偏差)はセット

考えないとね…。

 

 

要するに同じ平均205万円でも、

標準偏差が10万円と50万円なら

全然、バラツキが違うことになる。

 

 

なので本当なら標準偏差のデータも

欲しいところ。

どうせ平均値を出すのに使った、

生データから標準偏差も出せるのだから、

一緒に公表すればいいのに(怒)

と思うのは私だけだろうか?

 

 

したがって、

平均205万円と聞いて、

トヨタ自動車の組合員

が全員それくらいの金額を

もらっているわけではないのよ。

そもそも統計的に議論してもね。

 

 

それに組合員といっても、

大卒の技術員、

いわゆるスタッフとかエンジニア

と言われる社員もいれば、

非大卒の技能員、

いわるゆる昼勤・夜勤で

働くような社員もいるわけで。

 

 

当然、給与体系もキャリアパスも

異なるわけで…。

それらを一緒くたにして

「平均値」を出したところで

参考値程度にしかならないわけです。

 

 

ちなみに、このボーナス。

大卒の技術員の場合は、

これに個人の実績評価点

が追加されることになる。

 

 

まぁこの辺の詳しい事情とか知りたい方は

個人的にメールでも頂ければお答えします。

結構、大企業の裏側なわけで。

昇格にも関わってくる重要な要素であったりね。

 

 

ちなみに、なぜボーナスが上がったか?

 

 

円安になったからです。ハイ…。

 

 

業績が上がったから?

 

 

それも当然そうですが、

業績が上がった主要因は円安のおかげ。

 

 

トヨタ自動車くらいの規模であれば、

1円の円安で250億〜300億円

くらいの儲けがでると試算がありました。

 

 

要するに企業内の改善やら、なんやら言う前に

円安なのですね。

 

 

円安というのは、結局「円」が安い、

つまり日本の円という価値が相対的に弱い

ということにつながるので、

日本国民の私としては心情的に

なかなか受け入れがたいもの。

 

 

やはり世界で有数の経済大国のひとつである、

日本としては強い円であって欲しい…。

 

 

といってもモノづくり大国、すなわち輸出国家である

日本としては円安の方が、企業業績は向上。

それにより、ボーナスも上がるわけ。

 

 

となるなら、本音は「円安」ウェルカム!

どう考えても円高で少ないボーナスより、

円安でたくさんのボーナスをもらいたいというのが

人の性というものでしょうか。

 

 

ちなみに、自動車以外の企業も

業績が改善しているとのこと。

 

 

みずほ証券によれば、

「民間企業のこの夏のボーナスは3年ぶりの増加、

平均で前年比1.6%増の36万4千円となる」

らしいです。

 

 

これもバラツキのデータが

ないので参考値まで(笑)

 

 

当分はアベノミクス効果で

円安が続くのでしょうか?

そうあることを願います(笑)

 

 

そしてその間にあなたは、

あなた自身のValueを高めましょう!

 

  

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)