「真の自由」を手に入れろ!

「当事者意識って何ぞや!?」Nomad177.

22973000418

 

 

本日5月6日。世間は振替休日ながら我が社は今日から連休あけ!


 

 

我が社はメーカー。

ものづくりが基本の会社。

そして我が部署は製造部。

ものをつくってなんぼの部署。

 

 

小さな改善は平日や土日レベルの工事でもできるが、

大きな改装工事は連休をつかって行われる。

 

 

まさしく連休中は各工事メーカー、

そして我が部署の人員が入り乱れる

「カオス」だったりする。

そして各工事メーカーの二次請け、

三次請けのメーカーはそれこそ徹夜工事。

少し大人の社会の不条理さ

なんかも感じたりするのである。

 

 

そんな連休中の戦争状態が終戦を迎え、

今日から連休があける。

逆に「正常稼働を保つ」という別の戦争に突入する。

 

 

ここでは、工事メーカーが大々的に工事を

することはない。

せいぜい稼働に立ち会うくらい。

 

 

逆に我が部署のメンバーがそこらかしこを走り回る。

正確に言うと工場内は安全確保のため

全力で走ったりはできないのだが…。

気持ちは全員、全力疾走だったりする。

 

 

現場(非大卒)の職制達の声が製造ラインで飛びかう。

「おい、部品がないぞー(怒)」

「そこの車両どかせろ!」

「誤品だぞ!」

「設備止めろ!バックアップだ」

などなど。

 

 

そんな中、エンジニア(大卒)

その戦争に飛び込んで行く。

それでこそ「当事者意識」というものか。

 

 

常に自分ごととして仕事を捉える。

常に自分がだせるValueを考える。

そんなエンジニアは所感として少数。

 

 

たいがいは言い方が悪いかもしれないが、

「やらされ感」だろう。

いやもしそんな感情がなかったとしても、

その程度のValueしか出せていない(と思う…)。

 

 

当事者意識とは何か?

 

 

それは責任感のことか?

そうかもしれない。

自分ごととして仕事を捉えることか?

それも正しいのかもしれない。

 

 

だが私が考える当事者意識とは、

自分が出すべきValue

(上位/周囲から期待されているValue)。

そして自分が出せるValue

これらと常に意識してOutputすることでは

ないだろうか?

 

 

※ちなみにGoogleで検索すると、

社外秘であるはずの画像がたくさん出てきますね(笑)

 

 

10年後、仕事で差がつく戦略思考―一生役立つ「考えるスキル」の磨きかた

新品価格
¥1,575から
(2013/5/6 23:17時点)

 

自分ゴト化

新品価格
¥1,260から
(2013/5/6 23:18時点)

 

 

 


 

 


 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

【ポチっとよろしく!】

【こちらもよろしく!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

 

 

カスタム検索

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)