「真の自由」を手に入れろ!

Nomad141.「ペニーオークションって詐欺?芸能人は広告塔」

最近、何かとペニーオークションの話題がつきないですね。

そしてこれは詐欺なのでしょうか?

 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

ペニーオークションをご存知でしょうか?

オークションはオークションですが、

少し仕組みに特徴があります。

それは、

「入札ごとに手数料を払う仕組み」

だということ。

 

 

この仕組みをもつオークションは

ペニーオークション: penny auction

入札手数料オークション: bidding fee auction

と呼ばれています。

ちなみに2005年にドイツで開設された

Swoopo(旧Telebid)が元祖らしいです。

 

 

オークション側としては開始価格を低く設定し、

顧客を惹き付け、

たくさんの顧客が商品獲得に熱狂し、

入札数が増えれば増えれるほど儲かるわけです。

 

 

いろんなシステムがありますが、

あらかじめ入札用のコインを購入し、

コインを使って入札するというのが一般的。

コインの価格も50円、75円、100円など様々あります。

 

 

では、なぜ詐欺的な要素が強いのか?

理由は大きくふたつあります。

 

 

■芸能人を使ったステマ戦略

ステマとはステルスマーケティングの略。

宣伝であると気づかれないように隠れて宣伝すること。

 

 

ほしのあきさんのブログの件でも話題になりましたが、

芸能人のブログで紹介されている商品やサービスは

ほとんどステマ戦略です。

 

 

 

 

ちなみにほしのあきさんは30万円を受け取り、

商品を落札したと虚偽の書き込みをしたとのこと。

 

 

ここがまず詐欺的な要素。

 

 

■落札しているのは本当に一般顧客か?

「60,000円の液晶テレビが6,000円で落札!

実際にあったケースです。

 

 

落札者側なら非常にうれしい、儲け物のオークション。

逆に出品者側は大損したことになりますね。

 

 

では本当に落札しているのは一般顧客でしょうか?

 

 

実際にあった話です。

テレビのオークションは開始価格0円。

入札価格は1円ずつ上昇していきます。

入札が入るとタイムが20秒延長されます。

 

 

当然、だれも無駄なお金は使いたくないので、

タイムぎりぎりのところで入札ボタンを押すわけです。

 

 

15件の入札が入り、15×20秒の5分タイムが延長され、

価格は15円になりました。

ちなみにここでは入札コインは1枚75円です。

 

 

これがさらに続き、6,000円で落札されました。

1円オークションなら6,000回入札があったということに

なりますね。

出品者側の儲けは?

75円×6,000回=450,000円つまり45万円です。

6万円の液晶テレビ45万円で売る事ができたのです。

出品者側はウハウハでしょう(笑)

 

 

落札者側は最後に落札できることを願って

このペニーオークションに参加するわけです。

 

 

ですが本当に最後に落札しているのは

一般顧客でしょうか?

 

 

今回、実際にあった話をもとに書いています。

このテレビを最後に落札した方は

1,000回以上も入札していました。

これもさきほどと同じく

75円の入札コインで換算すると75,000円

60,000円で買える液晶テレビに

75,000円払う一般顧客がいるでしょうか?

それともオークションに非常にアツくなって

入札がやめれなくなったのでしょうか?

 

 

落札者は出品者側のサクラかもしれません。

45万円のもうけがあり、

テレビを発送する必要もなくなるわけで…。

 

 

いや、そもそもはじめから

テレビなどなかったのかもしれませんが。

 

 

ちなみに、このペニーオークションのシステムは

100万円ほどで売買されています。

 

 

あなたはそれでも

ペニーオークションをやりますか?

 

 


フリーランス ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

 

 

[zenback]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)