「真の自由」を手に入れろ!

「ワタミ式人材教育とは!?」Nomad128.

img_d577aa1e77a880378746280dbea15fd3195209

 

 

組織で最も難しく、しかし最も重要なもののひとつ。

それが「人材育成」だ!

 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

今日は、渡邉美樹ワタミ会長の

エピソードを紹介。

正しい/正しくないというのはおいておいて、

このような人材育成もあるということをシェアしよう。

 

 

—以下、引用—

部下を叱責するときに「飛び降りろ!」

などの激烈な言葉を使うが、

「辞めろ」という一言だけは封印している。

 

 

創業から26年間、部下に対して「辞めろ」

と言ったことは1回もありません。

僕は社員が好きだから、絶対に辞めてほしくないんです。

叱るときにも、根底にあるのは「好き」という感情で、

好きでなければ叱る資格はないんです。

 

 

2号店のアルバイトとして雇った部下がいましてね。

あのころは僕、そいつの頭を何度もスリッパで

ひっぱたいていました。

それでも十数年はついてきてくれましたが、

8年ほど前に辞表を出したんです。

追い込まれて、潰れたわけです。

 

 

その後は海外で居酒屋をやっていたと聞きました。

ところが先月(7月)になって、

その彼がうちに戻ってきたんです。

 

 

辞めたときは部長でしたが、今度はヒラ社員として、

グループで配送の仕事から始めてもらっています。

いまは45~46歳でしょうか。

もう一度挑戦したい、

定年退職までここで働きたいというんですね。

一度は追い込んで潰してしまった男です。

でも彼は、僕の言動の裏側に愛情を感じていたから戻ってきた。

その意味で、僕の叱り方は間違っていなかったと思います。

—以上、引用—

 

 

最後のコメント、

「僕の叱り方は間違っていなかったと思います」

が印象的…。

あなたはどう感じましたか?

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)