「真の自由」を手に入れろ!

「ノマドの先とは?」Nomad9.

b0103960_2010125

 

 

ノマドの先とは?

ノマドとは一体どこに行き着くのでしょうか?

おもしろい記事があったのでここでシェア。


 

 

グラフィックデザイナーのKさん(32)は、

モバイル機器を片手にカフェや

レンタルオフィスを渡り歩くフリーランス。

はやりのノマド(遊牧民)ワーカーに

見えるがちょっと違います。

目指すのは会社員とノマドの先

 

 

Kさん:

「ノマドになるのは簡単、

でも続けるのは難しい。

社畜かノマドのどちらかしか

選べないって変じゃない?」

 

 

「続けるのは難しい…」

まさしくこれがノマド、

そしてフリーランスの宿命。

すなわち、持続的な競合優位性を

どうやって保っていくかということ。

 

 

スポーツで例えるなら、生涯現役で

高いパフォーマンスをどうやって示すか?

それが困難であるのは自明の理。

 

 

そしてKさんが感じたのは

フリーランスの社会的信用の低さ。

これは世間全体の価値観でしょう。

 

 

そこで仲間とフリーランスの

「寄り合い」を作ります。与信を肩代わりし、

買いたたかれるのを防ぎ

チームで大きな仕事を受注できるようにしたのです。

ポジティブに働くための

前向きなセーフティーネットです。

リーマンショックの直後には

登録者は三万人を越えたとのこと。

 

 

Kさん:

「組織ではないのでつながりはゆるい。

会合に出席するもしないも自由だが、

そこで機会を逃したら自分の責任。

それがフリーランスと思う。

 

 

Kさん:

「サラリーマン用の古いルールに

乗っていても先は見えない。

新しいルールを作るしかない。

しがみつく先がない僕らは、

横のつながりで対抗するだけ。」

 

 

ノマドと社畜 ~ポスト3・11の働き方を真剣に考える

新品価格
¥924から
(2013/12/30 18:26時点)

 

 

「新しいルールを作る」

それがノマドとしての生き方であり、

ノマドの先ではないでしょうか? 

 

 

—– Today’s Contents —–

【ノマド】

 【経済的自立化】

 【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

【ポチっとよろしく!】

【こちらもよろしく!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

 

 

カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)