「真の自由」を手に入れろ!

Nomad38.「ノマドワーカーという自称起業家!?」

 『情熱大陸』で取り上げられて以来、一般層にも“ノマド”という言葉が浸透しましたね。

 

 

毎日決まった時間に出社するサラリーマンとは対照的に、

特定の職場を持たず、

ノートパソコン片手にスタバなどを渡り歩いて仕事をする。

これがすなわちノマド(もともとは遊牧民という意味)。

 

 

ただし『自分探しが止まらない』の著者、速水健朗氏に

よればノマドは大きく二つに分類されるとのこと。

◆一部の富裕層ノマド(年収600万円以上)

◆多数のIT小口労働者ノマド

 

 

私の場合ハイブリッドノマドワーカーとして、

会社員としてのベーシックインカムも確保していますし、

上記の年収600万円が富裕層に値するか?という疑問もあります。

 

 

ですが実際、ノマドワーカーが集う『コワーキングスペース』

(ネット環境が完備されて会員制共有スペースのこと)

では、IT小口労働者がほとんど全てと言っても過言ではないでしょう。

 

 

もしくは「自己啓発本」や「ビジネス書」を読みあさる

“自称起業家”でしょうか…。

 

 

正直、年収すなわちお金を稼ぐことが全てとは言いません。

ですが顧客に提供したValueに対する対価が“お金”であるなら、

自称起業家として年収ゼロでは無意味です。

またIT小口労働者としても年収が低ければそれはValueが少ないと同義。

 

 

ノマドも二極化しており、

そのトレンドの中でいかに“勝ち組”ノマドとして生き残るか?

 

 

そのための戦略について私は今後も

情報発信していきたいと思います。

 

 

あなたが“真の自由”を手にするその日まで。

 

 

自分探しが止まらない (ソフトバンク新書)

新品価格
¥735から
(2012/7/24 22:36時点)

 


フリーランス ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)