「真の自由」を手に入れろ!

Nomad23.「ダイナースカードはステータスの証」

クレジットカードはその人の社会的ステータスを示します。

特に海外ではその傾向が顕著です。

そのなかで、もっとも高いステータスを誇るのがダイナースカード

 

 

 ダイナースカードを持つことがなぜそれほど高いステータスを示すのでしょうか?

 

 

ちょうどA8.netの自己アフィリエイトの中でダイナースクラブカードの申請、 発行で15,000円。

というセルフバックプログラムがあったので、 私も実際に登録してみました。

(ちなみに少し調べると年会費が15,750円なので、初年度無料と同じ意味ですね)

 

 

そこで初めてわかりました。それは審査基準の高さです…。

 

 

特に、現状の社会的地位に関する質問が多いのが、 他のクレジットカードとの大きな違い。

 

 

すなわち、勤め先の規模、勤続年数、役職、年収。また医師や弁護士であるか?etc。

この審査基準の高さこそが、ダイナースカードが高いステータスを誇る所以でしょう。  

 

 

ちなみにさらに最上級カードとして、ダイナースクラブプレミアムカード というカードもあります。

年会費105,000円…。  

 

 

このカードは申請して認可されるものではなく、招待制とのこと。

招待制というだけでさらにそのステータス感が高まりますね。

 

 

これもダイナースのブランディングのひとつでしょうか?

 

 

私もダイナースクラブカードをステップとして、

最終的にはダイナースクラブプレミアムカードを取得しようと思います。 

 

 

フリーランス ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

にほんブログ村

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)