「真の自由」を手に入れろ!

「SPEC-結- の感想。この映画がつまらないたった1つのわけ 」Nomad277.

2013-12-07 16.20.14

 

 

SPECという映画を知ってる?

そう、戸田恵梨香が主演している映画ね。

この映画を実際に見てきたんだけど、

予想の斜め上を行く、かなりぶっ飛んだストーリー展開!



 

 

もともとテレビドラマ。

ドラマが終了してから、劇場版つまり映画が

何作かあった。3作くらいだろうか?

 

 

SPECっていうのは簡単に言えば「特殊能力」のこと。

そしてSPECホルダーって言われる人達は、

特殊能力を持った人たち。

 

 

特殊能力ってのは、さまざまで、

・水を操る香椎由宇。

・炎や氷を操る浅野あつ子。

・人の記憶を操れる城田優。

・死者を一時的に蘇らせる戸田恵梨香。

 

 

そして時間を止める神木隆之介。

などなど。いろいろあるわけで。

 

 

ちなみに、こーゆー特殊能力系の話って

だいたいボスキャラは時間を操るよね…。

時を止める。時間を吹っ飛ばす。

時間をさかのぼる。もしくは、時空を越える。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険でもあったけどね。

最後はここに帰結するパターンが多い。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険 8~17巻(第3部)セット (集英社文庫―コミック版)

新品価格
¥5,996から
(2013/12/7 19:57時点)

 

 

話しが少しそれた(汗)

SPECの全体ストーリーとしては、

SPECホルダーというマイノリティ(少数派)

と人類(多数派)の戦いの話なんだろうか?

 

 

「〜だろうか?」って書いたのは11月から

公開されているSPEC -結- 漸ノ編、爻ノ編を見ていて、

そこに「神」的な存在がでてきて

ストーリーが一気にぼやけてしまったから。

 

 

あんまり、詳しく書くとネタバレに

なってしまうけど。どうやらこの「神」

は地球(作中ではガイアと呼ばれる)の意志を

尊重しているとかしていないとか…。

 

 

自然破壊うんぬんのテーマもカバーしたかったのか?

よけいにストーリーを分からなくした

だけのような気がするが。

 

 

そして、このSPECなる映画を

ここにきてかつてないほどに

つまらなくしたのは何か?

 

 

今日は映画を見ながらそんなことを考えていた。

実際、映画は半分くらい寝てたけどね。

 

 

結論から言うと、

今までのSPECのドラマが映画が、

現実ベースのSF/超常現象チックな話だったものを、

完全なSF/超常現象の映画にしてしまったことだ。

 

 

その前提が大きく変わったから、

映画は見ている側からすると「何これ???」

になってしまったわけ。

 

 

そう、ストーリーについていけなくなるのだ。

 

 

もう少し、具体的に書こう。

ドラマや映画には3つのパターンがある。

 

 

1. 完全に現実ベースのストーリー

例えば「ショーシャンクの空に」

「タイタニック」「レナードの朝」

これはは完全に現実、リアルをベースに物語が進む。

 

 

2. 完全にSF/超常現象のストーリー

「スターウォーズ」はその代表作。

「マトリックス」や「スタートレック」も同じ。

これらの世界観は完全にSFもしくは超常的。

なので、日常生活を離れた非日常としてあなたは

ストーリーを楽しむのだ。

 

 

3. 現実ベースだがSF/超常現象チックなストーリー

例えば「13日の金曜日」とかそれにあたるだろう。

突如、ジェイソンという殺人鬼が現れ人を殺しまくる。

あくまで現実ベースのストーリーだが、

そこに超常現象的なテイストを盛り込んでいる。

だからこそ、あなたは映画を見ていて、

日常生活でこんな惨劇は

起こらないだろうとわかっていても、

その超常的、非日常なストーリーに惹かれるのだ。

他には「バットマン」や「スパイダーマン」とかも

この類いに入るだろう。

ヒーローものやオカルトものはこのタイプだ。

 

 

そして、今回のSPEC。

もともとのドラマと今までの映画では、

3. 現実ベースだがSF/超常現象チックなストーリー

が大前提になっていたわけ。

 

 

現実の社会の中に、特殊能力を持った、

一部の人間(SPECホルダー)がいる。

彼らはその特殊能力を使って悪事を働くものもいる。

彼らの中にはSPECホルダーを束ねて、

人類に敵対するものまでも出てきた…。

要するにマイノリティvsマジョリティの構図だ。

その発端が特殊能力というだけの話。

そんな感じのストーリーだったわけだ。

 

 

それが、今回に映画「結」で大どんでん返し!

前提そのものから変わった…。

そう、「神」的なものが登場したり、

戸田恵梨香がカラスになって飛んでったり、

今まで死んでいったSPECホルダーが全員集合したりと。

つまり、ストーリーの前提が

2. 完全にSF/超常現象のストーリー

になってたわけ。

だから、映画を見ていたあなたはついていけない。

そりゃそうだ。

今までと今回で全然ストーリーの前提が違うんだから。

戸惑って当然だわな。

 

 

SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Blu-ray BOX

新品価格
¥17,638から
(2013/12/7 20:04時点)

 

 

例えば、「名探偵コナン」のアニメで、

死因が銃殺や絞殺でなく、

「怨念で頭を吹っ飛ばされた」って

なったらどう思う。

 

 

どう考えても納得できないわけで。

それはコナンの世界観が、

1. 完全に現実ベースのストーリー

だからだ。

 

 

そこに突然、

3. 現実ベースだがSF/超常現象チックなストーリー

の世界観を持ち込んでも、

見ているあなたは納得できないし混乱するだけだ。

 

 

エントリーが長くなったのでまとめよう。

 

 

今回のSPEC-結-は、正直わけがわからない。

そしてつまらない。一言で言えば駄作だ。

 

 

1. 完全に現実ベースのストーリー

2. 完全にSF/超常現象のストーリー

3. 現実ベースだがSF/超常現象チックなストーリー

それは3パターンあるストーリーの大前提を

ここに来て突如として変更したからだ。

 

 

今日はここまで。
 

 

カスタム検索
   

関連記事

    • 匿名
    • 2015年 8月 14日


    …新約聖書とかよめば

    • 匿名
    • 2015年 9月 07日


    つまらないと聞いて観なかったけど映画【結】観てガッカリ作りが雑過ぎてマジ駄作監督はただのバカ

    • 匿名
    • 2015年 9月 24日


    面白かったのは「翔」まで

    • 匿名
    • 2015年 9月 30日


    例えか分かりやすいです。

    米1の人。内容の理解とかじゃなくて構成についレビューしてるのに

    …新約聖書とかよめば
    とか言うのはどうなのかな?

    • 匿名
    • 2016年 6月 04日


    浅野あつ子→浅野ゆう子ですよね?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)