「真の自由」を手に入れろ!

「MBAホルダーへの道#8:最終試験とFarewell Event!」Nomad240.

2013-08-24 16.24.33

 

 

オーストラリア現地8日目。


 

 

言わずもがな快晴。

 

 

2013-08-24 10.21.56

 

 

2013-08-24 10.23.45

 

 

もはや、ここには快晴以外の

天気など存在しないのだろう…。

 

 

さて、本日はマネジメント・コントロール・システム

なる科目の最終試験。時間は13:00から16:00の3時間。

 

 

この最終試験はOpen book形式といって、

「何を持ち込んでもOK」なテスト。

辞書でもテキストでもパソコンでもね。

 

 

ただし、コミュニケーションツールは使用NG。

だからスマートフォンなどの携帯電話は使用できない。

またパソコンは持ち込んでもよいがネット接続は不可。

 

 

テストも日本でよくある様

「単純な記憶」を問う問題は皆無。

例えば、ペリーが来航したのは西暦何年か?

みたいなヤツね。

そういう類いの質問はテキストみれば

すぐ回答できるので、

そもそも最終試験で問う意義がないわけよ。

 

 

今回は、ケースという英語の長文読まされて、

「分析せよ」だとか「解決策を提示せよ」

みたいな問題だった。

まぁ今までもさんざんこんな問題解いてきたけどね。

 

 

3時間のテスト時間なんて、

あっとう間に過ぎてしまう。

とりあえず英語で1,500 wordsくらいは書けた。

パスはできていると思う。

 

 

そしてオーストラリア現地で受けるテストも

これが最後かと思うと

少しセンチになってしまうよね。

 

 

2013-08-24 16.07.30

 

 

2013-08-24 16.16.05

 

 

さて、最終試験が終わったあとは、

Farewell Event、まぁ歓送会みたいなもんだね。

Bond大学の正門からバスでマリオットホテルへ。

 

 

2013-08-24 17.25.52

 

 

マリオットホテルで食事。

これがなかなかのクオリティ!

 

 

2013-08-24 17.58.21

 

 

また、大学のお偉いさん?

らしき人もスペーチしてた。

こっちも飲んでたから

ほとんど話聞いてなかったけど…。

 

 

2013-08-24 18.45.51

 

 

ホント、あっという間の1週間だった。

勉強付けの日々だったけど、学びの多い、

人生で最高の瞬間だったかもしれない。

 

 

そして2人のルームメイトにも恵まれた。

バックグラウンドは違うけど、

意識の高い人達との会話は有意義なもの。

 

 

私の場合、今回の科目で最終試験をパスしていたら、

晴れてBond大学のMBAプログラムを卒業できる。

2009年の1月から初めて、2013年の8月まで。

4年半かかったことになるのかな。

 

 

だが、これは終わりではない…。

むしろようやくスタート地点にたったと

言っても過言ではない。

 

 

私の旅はこれから始まるのだ。

This is Nomad Way.

 

 


 

 


 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

【ポチっとよろしく!】

【こちらもよろしく!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

 

 

カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)