「真の自由」を手に入れろ!

「BOSEのイヤホン!これに勝るものなし!」Nomad330.

2016-05-30 19.29.38

 

 

過去に『BOSEのスピーカーは

レクサスの車載スピーカーを凌駕するレベル…』

なるエントリーを書いたけど。

今日はBOSEのイヤホンについて。

これ最高!マジで!

でも高ぇ!これもマジで!



 

 

ちなみに私は音楽をiPhoneで聴くのがほとんど。

たまにMacのiTunesからも聴くけどね。

ライトユーザーなんで、

音を聴き分けられる能力は素人+αだね。

中学高校、大学の頃はCDとか持ってたけど、

それでも洋楽数十枚レベル。

ホントの音楽好きなんて100枚、200枚

軽く持ってたしね。

 

 

ちなにみ当時聴いていたのは、

Bon JoviとかVan Halen、Steve Vai、Aerosmith。

あと友人が好きだったのもあって、

Gamma Rayとか。

大学に入ってからEminemやAvril Lavigneも

聴いたっけな。

邦楽だとDragon Ash、B’z、T-BOLAN。

あと初めて買ったアルバムが

米米クラブだった記憶がある…。

そんな感じの音楽遍歴。

 

 

さて、Boseのイヤホン。

今回はApple対応モデルである、

サウンドスポーツ インイヤーヘッドホン

のオレンジ色を買った!

しかも衝動買い!

価格は税抜きで15,000円。

消費税込みだと16,200円。

ちょっと音楽聴くくらいのライトユーザー

がここまでお金かけるんかと!

そうツッコみがあってもおかしくないレベル。

 

 

Bose SoundSport イヤホン スポーツ用 iPhone・iPod・iPad対応リモコン・マイク付き ブルー SoundSport IE IP BL 国内正規品

新品価格
¥16,200から
(2015/3/15 21:15時点)

 

 

しかも私はすでにイヤホンを

2つもっていたわけで。

1つめは、フィリップスの汗に強い

スポーツモデルイヤホン(SHQ3200)。

これは耳から外れにくいよう

イヤーフックがついている。

Amazonで約2500円ほど。

安いだけあってか、写真じゃわからないけど、

実際手に取ってみると少しチープ感がある…。

主にランニングのときに使っているで、

そんなこと関係ないっちゃないけどさ。

まぁイヤーフックがあるので走っているときに、

イヤホンがずれたり外れたりしなくて便利。

 

 

フィリップス 汗に強いスポーツモデルイヤホン 耳から外れにくいイヤーフックタイプ SHQ3200

新品価格
¥2,462から
(2015/3/15 21:16時点)

 

 

2つめは、JVCのカナル型イヤホン。

ガンメタリックのCoolな色。

たしか型式はHA-FXD80-Zだったかと。

お値段8,600円。意外と高い…。

 

 

JVC HA-FXD80-Z カナル型イヤホン ガンメタリック

新品価格
¥8,600から
(2015/3/15 21:18時点)

 

 

値段比較しても一目瞭然だけど、

Boseが飛び抜けて高い!

高いせいか知らないけどBoseの場合は、

右側のコードにリモコンがついている。

iPhoneと連動してボリューム調整や、

一時停止、あとマイクもついている。

(まだこれ使って電話したことないけどね)

あとイヤホンの形状はカナル型にイヤーチップ

なるものがついている。天使の羽みたいなヤツね。

これが耳の形に合うかは人それぞれかも。

 

 

さて、肝心の音。

こりゃ断然、Boseの一人勝ち!文句なし。

正直、私程度の素人がこの3つを聴き比べても、

違いがわかるくらい。

Boseの方が圧倒的に音に広がりがあるというか、

音が伸びるイメージ。高音も低音もしっかり出ていて、

安物にあるようなドンシャリ感は皆無。

耳とのフィット感もいいし、遮蔽性もあるので、

完全に自分の世界観に浸れる。

休日かなんかにスタバあたりで、

全てを忘れてボーっとしながら音楽聴くのに

もってこいかも。

 

 

ただ、確かにパフォーマンスは最高品質なんだけど、

これに16,200円も出すかっていわれると疑問かも

その人の価値観しだい。

相当の音楽好きか、なんかBOSEにこだわりを

持っているなら別だけど。

品質は最高だけど、コストパフォーマンスで

語ると少し落ちるかもね。

 

 

まぁ世の中お金積んだら良いもの手に入るわな

って典型的なパターン(笑)

ただ、このBoseのイヤホンを一度使ったら、

もう他のイヤホンは使えない。

絶対にそう思う。

今回、このBoseのイヤホンを買って、

少し高い買い物をしたなぁと思ったと同時に、

実際使った後は、次買い換えるときも間違いなく

Boseを選ぶなと、そう思った次第。

 

 

今日はこれまで。

 

 



カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)