「真の自由」を手に入れろ!

「黒子のバスケ事件、36歳男を逮捕!」Nomad278.

29994164_480x385

 

 

「黒子のバスケ」の関連商品に

毒を入れたらしい…。

そんでもって、その脅迫文を

大手コンビニに送りつけた…。


 

 

もうね、「アホかと…。」

 

 

結局、威力業務妨害で36歳の

男が逮捕された。

 

 

そりゃ当たり前だ!

一体、コイツは何がしたいねん…。

 

 

30歳半ばというと、

ちょうど私と同じ世代なわけよ。

1970年代後半の生まれ。

まだゆとり世代が始まる前。

 

 

そもそも「黒子のバスケ」

なるマンガを良く知らない。

私の場合は…。

 

 

バスケって書いてるんだから、

まぁバスケのマンガなんだろうって

くらいの認識。

スポ根ものなんだろうか?

 

 

KUROBAS CUP 2013 [DVD]

新品価格
¥6,143から
(2013/12/15 21:53時点)

 

 

私の年代だと、バスケマンガと言えば、

「スラムダンク」一択なわけだが。

 

 

この36歳の男は犯行という

リスクを犯してまで、

「何を主張したかったのか?」

その根本にある彼の価値観とは

なんだったのだろう?

 

 

ふと、今回の事件をネットでかいま見てそう思った。

だから、こうしてブログで書いているんだけどさ。

 

 

こっからは、完全な私の推理。

とゆーか妄想に近いわ。

 

 

36歳の犯人。

無職か時間に融通がきくアルバイターだろうか?

 

 

そもそも社会人としてバリバリ働いていて、

責任ある立場なら、こんなリスクは

犯さないだろうから。

30歳半ばなら、係長から課長クラスだもの。

 

 

そして、非社会的で自分の殻に閉じこもるタイプ。

独身で彼女もいない。

 

 

社交性があって嫁や彼女がいたら、

マンガの世界にどっぷりはまって

事件を起こす必要がないから。

そこに居場所があるならね。

 

 

逆に自分の殻に閉じこもる事でしか、

居場所が作れなかったのだろう。

それが「黒子のバスケ」というマンガの世界

というだけ。

 

 

正直、私はマンガの中身を良く知らないので、

勝手な想像をしているが、

バスケマンガなので、そこに政治的、宗教的な

思想が絡むこともないはず。

 

 

だとすれば、なおさら、

36歳の男の「居場所」を

何らかの形で作者が壊しかけたのだろうか?

 

 

だから、脅迫に至ったのか?

 

 

大人になってマンガを読むことが

悪いとは言わない。

それでも、個人的には非生産的だとは思う。

 

 

電車の中でサラリーマンが

マンガやタブロイド誌を読んでいるのを見て、

正直もっとほかにすること

あるだろうと思うこともある。

 

 

といっても、時間の使い方は人それぞれ。

 

 

別に他人に迷惑をかけているわけじゃないからね。

ただ、その人の将来もたかだか知れているだろう。

 

 

でも、今回の犯行のように、自分の世界に

閉じこもって、挙げ句の果てには脅迫事件…。

そんなことは言語道断。

大人としてやってはいけない。

大人じゃなくてもやってはいけないけどね…。

 

 

なんか、まとまりのないエントリーになってしまった。

 

 

一言でまとめよう。

36歳にもなってマンガの世界にハマっている…。

そんなクズにはなるな!

 

 

あなたがこの世に生まれ、

なすべき事はもっと他にあるから!

 

 


 

 


 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

【ポチっとよろしく!】

【こちらもよろしく!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

 

 

カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)