「真の自由」を手に入れろ!

「非正規社員はじめて2000万人突破…」Nomad323.

koyou3

 

 

総務省が2014年、12/26まとめた

11月の労働力調査によると、

非正規社員は2012万人と前年同月から、

48万人増えて、ついに2000万人突破。



 

 

まぁ定年後の再雇用も広がっているわけで、

さらに子育てが一段落してパートにでる

女性も含まれているわけだが。

企業に65歳までの再雇用を義務つける

ことが決まっているうえ、

人手不足を受けて積極的にシニアを

活用する動きも広がっているからだ。

 

 

さて、この事実をもとに日本の将来をどう読むか?

結論から言えば未来はネガティブだろう…。

デモグラフィクス、つまり人口統計学的に見ても、

日本は人口が減り、かつ高齢化していくことは

周知の事実。

定年を迎えて高齢者が非正規社員として

再雇用される流れは今後も継続するだろう。

今回はその前兆にすぎない。

 

 

そうすると、企業として生産性は落ちるわな。

若くて体力のある労働者が、

年老いて体の弱い高齢者に置き換わるわけだから。

ナレッジワーカーも同様。

新しいことにチャレンジする若者に対し、

(そうでない若者も多々いるが)

過去の栄光を忘れられないご老体の

割合が増えるわけだから。

だいたいそういうご老体の場合、

頑固で融通が効かない。

自分の言うこと、なすことすべて正しい!

みたいなね。

あなたも組織に属したことがあるなら、

肌で感じたことがあるだろう。

 

 

しかも日本は無条件に年上をリスペクトしろ

という国家であったりする。

それも今の日本を作った高齢者の方々の

マインドセットだったりするのだけどね。

歴史をたどれば儒教に行き着くのか?

アメリカやヨーロッパなどでは、

あまり感じない。

実際、英語には丁寧な表現ってのはあるけど、

日本語のように尊敬語、謙譲語、丁寧語

って何が何だかわからない状態ではない。

打ち合わせで席についたり、

タクシーの席やエレベータの配置にだって

上座と呼ばれるものが存在するわけで…。

 

 

つまるところ、

日本の労働力は全体として、

フィジカル的にも弱くなるし、

ナレッジ的にも良い方向に進まない。

それが今から30年後、50年後の日本だね。

 

 

単純にフィジカルの問題については、

海外から移民を受け入れるっていう案もあるけど。

江戸時代から鎖国とかいって閉じた社会を

キープしようと必死になってきた日本人が、

ここにきて急にオープンになるわけがない。

したがって移民案はボツだろう。

どちからというと技術革新によって、

パワードスーツみたいなモノが開発される方が

現実味がありそう。

老人がパワードスーツを着たら、

重い荷物でも軽々持ち上げらる、みたいなね。

 

 

これでフィジカルな課題は解決したとしても、

ナレッジの部分では先に言ったように、

古いパラダイムが依然として支配的なんだろうね。

 

 

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと

新品価格
¥1,512から
(2015/1/9 00:01時点)

 

 

さて、あなたの取るべき対策は?

一番単純な答えは日本を捨て、

グローバルに活躍できる場所に行けばよい。

場所ってあえて書いたのは、

フラット化するこの世界において、

国という概念はすでに希薄だからだ。

個人個人がValueを発揮できる場所に

移動すればよいだけ。

それこそがノマドであり、

ジャック・アタリの言うハイパーノマド。

これこそがあなたにとっての真の対策だ。

 

 

今日はこれまで。

 

 



カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)