「真の自由」を手に入れろ!

「過労死の月残業時間目安が80時間だがオレ月120時間くらいしてる件…」Nomad338.

business_karoushi

 

 

現在アメリカへ出向しているわけだが、

最近、少し早く仕事終えて帰れるようになったなー、

なんて思っていた今日この頃。

ローカルのアメリカ人と話してたら、

『日本人出向者はいつも忙しそうだ、

オマエラはいったい何時から何時まで会社にいるんだ?』

って聞かれたので、

『最近は早いよー、朝6時から夜7時くらいかな』

って何気なく答えたら、ローカルの顔が引きつってた…

クレイジーだの、リアル侍だの、

家族サービスどうしてるんだ?だの、

いろいろ聞かれたが、

だんだん面倒くさくなってきたので、

日本じゃこんなもんだって適当に

あしらっといた。



 

 

ちなみに今年の一月、二月はもっと忙しく。

朝6時から夜9時くらいまで働きづめだった。

遅いときは夜11時までかかることもザラ。

会社で完徹してそのまま次の日も普通に

仕事してたなんてこともあったわ。

月の残業が120時間以上。

150時間とかもあったな。

まぁ日本からアメリカに出向すると、

役職も上がる分、仕事のカバーレンジも広がるわけで。

当然、裁量労働で残業代なんかつかない。

非組合員扱いだからさ。

 

 

で、ひょんなことで過労死の月残業時間の目安が

80時間なるセンセーショナルな記事を

ネットで見つけてしまった…。

ネット情報なのでどこまで信頼性があるかわからんが。

オレ、すでに何回か死んでいるやん…。

てゆーか、仕事の落ち着いているいまでも月80時間はしてるし。

これから夏の連休に向けてもっと忙しくなるし。

まぁ年齢的に多少まだ無理がきくってのも

あるんだろうけど…。

 

 

とはいえ、仕事でもスポーツでも音楽でもそーだが、

結局は量をこなした者が上に行く。質より量。

血と汗と涙を流した分だけ成長するわけで。

正直、楽していたら、短期的にはいいかもしれんが

長期的な成長は望めないだろう。

この世に安く買える勝利なんてないのよ。

一部の天才と呼ばれる人間をのぞいて、

99.9%の凡人は努力を積み重ねることが必要。

当然、私のフツーの人間。

重々承知しています…。

なので、まー過労死にならん程度に

地道に努力しますわ。

死んだら元も子もないし、それは負けだと思うしね。

 

 

今日はこれまで。

 

 



カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)