「真の自由」を手に入れろ!

「田舎の貧乏人が乗る軽自動車だから…」Nomad325.

1040856

 

 

と、その国会議員は笑いながら言った…。

税金のあり方を話し合う、

14年末の自民党の会議。

マスコミをシャットアウトした

非公開という機密性から、

つい軽口が飛び出したのだろうか。

ちなみに、画像と本文は直接関係ないのであしからず。



 

 

その声はドアの外まで響いていたという。

本来は軽自動車を税制優遇すべきだ

という主張だったようだが、

肝心なところよりも、冒頭の暴言のみが

クローズアップされた結果となってしまった。

 

 

結局、この議員は、

『軽自動車=貧乏人の車』と

勝手にラベリングしてしまっているわけだ。

 

 

さて、今日はここを論点に考察してみよう。

果たして、軽自動車に乗っているのは

貧乏人なのか?と。

ジャッジには、年収を使って

シンプルに説明したい。

もちろん、細かく議論すればいくらでもあるが、

Simple is BESTなわけで。

 

 

1つめは貧乏人を年収いくらの人と定義するか?

2つめは軽自動車を買う人の年収がいくらか?

 

 

まず、1つめ。

これも独身なのか妻帯者なのかで大きく違ってくる。

また、親と同居しているのか否かも。

当然、独身で親と同居していたら、

年収300万円でも住居費がかからない分、

自分で自由に使えるお金は多少あるから、

必ずしも貧乏じゃないわけで。

まぁ世間一般で言われるには、

年収100万円〜300万円の人は、

所得も少なく貧乏人とカテゴライズされる

可能性は高い。

事実を裏付けるデータなんかないので

肌感覚ね。

 

 

次に2つめ。

軽自動車を買う人の年収って

いくらくらいだろう?

これも適当な相場観で申し訳ないが、

クルマの購入費用は年収の3分の1くらいが

妥当とされている。

まぁ世間一般のクルマの販売店は

これくらいの相場観でやっている。

逆に年収がそう高くなさそうなのに、

高いクルマをローンで買うとかなると、

ディーラーとしてはかなり敏感になるわけ。

そして軽自動車の新車平均価格は、

100万円〜150万円くらいだろう。

これもざっくりね。

そうすると年収としては300万円〜450万円

くらいの人間が購入層になるわけ。

 

 

で、これを先にあげた貧乏人の定義

である年収300万円未満と比較すると、

軽自動車に乗っているのは

貧乏人ではないってことになるね(笑)

年収300万円〜450万円って必ずしも

裕福ではないと思うけどさ。

もっと言うと本当に貧乏だったら、

生活に本当に困っていたら、

軽自動車さえも買えないんじゃないだろうか?

 

 

HUSTLER CUSTOM BOOK VOL.1 (ぶんか社ムック)

新品価格
¥780から
(2015/1/13 23:17時点)

 

 

まぁ今回の議論はホント推量レベルの

もんだけど。

実際、細かくデータとったわけじゃないしね。

ただ、軽自動車に乗っているのは

本当の意味で貧乏じゃないってことね。

 

 

今日はこれまで。

 

 



カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)