「真の自由」を手に入れろ!

「新成人が欲しいクルマNo1.にみる日本の将来とは…!?」Nomad286.

Nissan_Cube_Z11_003

 

 

今日はクルマと日本の将来について。

ちょっと大それたことなど書いてみたい。

ぶっ飛んだエントリーもあってもいいわけで(笑)


 

 

ソニー損保の調査によると、

新成人が欲しいクルマNo1.はなんと…、

日産のキューブ!!!

しかも5年連続らしい。

 

 

20140110-00010001-dime-000-1-view

 

 

「はぁ?!キューブ???」

これが率直な感想ね。いや、マジで。

 

 

imgres

 

 

 

キューブってこんなクルマやで…↑↑↑。

ちなみに新車の価格で150万円〜220万円くらい。

要するに大衆車だ。

トヨタ車で言ったらカローラやbBとかそんな感じやね。

やっぱり大衆車なんだけどさ。

 

 

このアンケート、もちろん新成人を対象にしてるから、

年齢は20歳(もしくはもうすぐ20歳の19歳)

なんだろうけど、男女比はよくわからない。

でもランキングみて現実目線の「大衆車」、

「コンパクトカー」が多くを占めているのね。

 

 

なんと、夢のない…。

 

 

BMWやレクサスが入っているけど、

これは「若者」の願望が入っているだろう。

だって、20歳やそこらの年齢じゃあ、

そんな高級車なんて買えるお金なんて

あるはずがないからね。

まぁ親に金を借りるという方法がないわけじゃないが。

 

 

でも、まだそこに「願望」がある…。

そんな気がする。もっと言うと「夢」だ。

 

 

そもそも、男がお金をかけれるものって、

・教育(自己啓発)

・住宅(新居の購入、もしくはアパート代とか)

・クルマ

・アパレル(服や時計)

・IT(PCや携帯)

・交際費

くらいしかないんじゃない?

 

 

まぁ私が男なんで、勝手に男目線で

書いちゃったけど。

 

 

今日のエントリーは、若者の欲しいクルマから

日本の将来を考察しようという大胆なもの(笑)

 

 

若者が大衆車という現実的なクルマを欲している…。

それはつまり、そもそもカッコいいクルマに

興味がないのか?

それとも、興味はあるがお金がないのか?

 

 

もっと言うと、カッコいいクルマはだいたい、

大排気量で環境に悪い。

若者のエコマインドの浸透によるものなのか?

 

 

個人的には、今の若者にはお金もないし、

クルマに興味もないんじゃないかと思う。

いや、お金がないからこそ、クルマに興味が

向かないのかも…。

一昔みたいにクルマで彼女をドライブにさそうのが、

ステータスという時代じゃない。

ガソリン代だけでも結構かかるしね(笑)

 

 

エコマインドも少しあるかもしれないけど、

まぁそれは時代の流れというか、

あまり主要因のように考えにくい。

 

 

クルマに興味がなく、

そして現実目線の若者が増えれば

日本の将来はどうなるんだろう?

 

 

「明るい日本」が待っているとは、

言いがたい…。

 

 

なぜなら、現実的な考え方しかできない

若者には「クリエイティブ」な考え方は

できないだろうから…。

 

 

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか ――アウトサイダーの時代 (ちくま新書)

 

 

もちろん、買いたいクルマのランキング

だけから、日本の将来が暗いと言い切るのは、

やや突拍子もないが…(汗)

 

 

じゃあ、あなたはどうするべきか?

 

 

別にレクサスを新車で買えとか言うつもりはない(笑)

 

 

ただ、将来日本を脱し、海外でも十分戦えるよう、

あなた自信のValueを上げ続けるべきだ。

 

 

そうすると、お金の使い先は当然「教育」という、

自己投資に向くわけで。

 

 

投資というのはそのリターンを刈り取って、

初めて投資となる。

それ以外はただの消費、もしくは浪費…。

 

 

欲しいクルマのランキングに夢がないのは、

日本の将来にも「夢」や「希望」がないのかもしれない…。

 

 

今日はこれまで。

 

 


 

 


 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

【ポチっとよろしく!】

【こちらもよろしく!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

 

 

カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)