「真の自由」を手に入れろ!

「元AKB前田敦子のドラマ、あさきゆめみしが低視聴率なたった1つのわけ」Nomad260.

6272b2a4

 

 

そろそろ、AKBもモーニング娘と

同じように、オワコンか…!?



 

 

ちなみに、オワコンとは

オワッタコンンテンツの略。

要するに「旬」が過ぎた状態のこと。

 

 

そんななか、元AKBのトップアイドル、

前田敦子主演のドラマ、「あさきゆめみし」

が過去最低の視聴率を更新…。

 

 

— 以下、ネットから抜粋 —

元AKB48・前田敦子主演の時代劇

『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』

(NHK/木曜20:00~)の 第5話が17日に放送され、

平均視聴率3.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)

と過去最低を記録した。  

初回では、14歳を演じていたためか、

すっぴん風メイクだった前田。 

視聴者から「かわいくない」「ダウンタウンの浜田にしか見えない」

などと非難が殺到したが、最近の放送ではきちんと 

化粧が施されているため、そういった声は少なくなってきた。 

また、前田の演技力については、

相変わらず「声が小さく、セリフが聞き取りにくい」

「演技力がなく、出演者の中で1人だ け浮いてる」

「前田がしゃべると話が止まる」といった批判は多い。 

さらに、「お七は前田さんしか考えられない」

「かわいそうな主人公の役にぴったり」

「困った顔や、悲しい表情が似合う」 

「元アイドルというだけで毛嫌いする人がいるが、

私は彼女が適任だと思う」と、

ハマリ役だとする視聴者も増えているようだ。

— 以下、ネットから抜粋 —

 

 

主演を演じる、元AKBの前田敦子に対し、

非難派もいれば、擁護派もいる。

まぁ人の意見だから、それぞれあって当然。

 

 

ただ、平均視聴率が3.6%であるというのは

紛れもない事実だ。

そしてこれが過去ワーストであるということも。

 

 

必ずしも、主演である前田敦子全ての責任で

ないにしろ、彼女のウエイトは重いだろう…。

 

 

そもそも、AKBというトップアイドルが

主演した今回のドラマがなぜ、ここまでこけているか?

 

 

単純な答えだ。

 

 

それは彼女らにそこまでの実力がないからだ。

彼女が売れたのは、

トップアイドルまで上り詰める事ができたのは、

売り手側の秀逸なマーケティングによるものだ。

 

 

つまり、熱狂的な信者(オタクと言われている集団)

を教育し、CDを買った枚数によって、

AKBの総選挙などアイドルに一票を投じることが

できるという「接点」を持たせるわけだ。

 

 

通常、一般人がアイドルと接点を持つ事などない。

それが、AKBでのマーケティングでは可能であり、

熱狂的な信者は、それこそ一人で何千枚も

CDを買いあさる猛者まで現れる…。

 

 

それが、テレビで話題となり、口コミも広まり、

社会現象まで発展。

トップアイドルとして崇められるのだ。

 

 

ここまで、読んできてあなたも

気付いたかもしれない。

彼女らの「実力」にフォーカスした

記述がないことに。

 

 

あえてもう一度言うと、

AKBが売れたのは熱狂的信者を囲う、

その秀逸なマーケティング。

 

 

だからこそ、ドラマなどで

ターゲット層がすこしでもオタクからずれると

視聴率は取れない。

 

 

取れるわけがない。

そもそも演技の実力があったわけではないのだから。

 

 

前田敦子自身も、

そして彼女を使うドラマ制作側も

そのことを十分理解するべきだ。

 

 

あと数年もしたら、「あの人は今?」

のコーナーに出ているのではないだろうか?

次に需要が来るのはそのときだ…。

 

 


 

 


 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

【ポチっとよろしく!】

【こちらもよろしく!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

 

 

カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)