「真の自由」を手に入れろ!

「京大生就活1勝29敗という現実。ノマドを目指すあなたが注意すべきたった1つのこと!?」Nomad251.

images

 

 

ユニクロの柳井正さんの著書で

「1勝9敗」ってのがあったよね。

今回はもっと深刻なケース。

 

 

一勝九敗

新品価格
¥1,029から
(2013/10/6 17:13時点)

 

 

 何が深刻かって29敗だからね。

テレビゲームでもなかなかそんな

負け記録はつくれないだろう(笑)

 

 

— 以下、PRESIDENT Onlineからケースを抜粋 —

山中健一郎君(仮名・23歳)は、

短髪にクールビズといういでたちのさわやかな青年だった。

「京都大学の工学部出身です。

いまは修士課程で情報解析の研究をしています。

スポーツですか? 高校時代には弓道をやっていて、

大学に入ってからもずっと武道を続けていました」

 

 

文武両道、質実剛健。

会話のスタートも申し分ない。

 

 

「大学3年のおととし、就職活動をしたんですが、

エントリーシートを10社送って、

結果は1次面接で全滅です。

で、自分なりに問題点を整理してみたんですが、

失敗の原因は主に3つありまして、

1つは化学、医学、インフラなどの大企業ばかりを狙ったこと、

2つ目は面接の練習を怠っていたこと、

3つ目は友達や先輩などからの企業情報の収集をしていなかったこと、

です。やはりどこかに『自分は京大生だから』

というプライドと慢心があったと反省しています」

 

 

説明も理路整然としてわかりやすい。

 

 

だが、山中君本人は「1次面接での敗退」

という現実に大きな挫折感を覚えた。

「1次面接は集団面接やグループディスカッションなのですが、

“リーダーに必要な要素とは何か”とか

“新規事業で店を出すことになったが、

どんな業態なら成功するか”など、いろいろなお題が出されて、

それに対する自分の考えを面接官に話したり、

学生同士でディスカッションしたりするんです。

これが自分にはうまくできなかった…。

普段からそういうテーマについて

考えていなかったということもありますし、

自分の考えをきちんと説明できなかったという部分もありました」

 

 

山中君は学卒での就職を断念し、修士課程に進学。

就職活動へのリベンジを開始した。

(以下略)

— 以上、PRESIDENT Onlineからケースを抜粋 —

 

 

京大生でも就活では1勝29敗という現実を

目の当たりにし色々と意見があるだろう。

 

 

「だから高学歴は使えないんだ。」

「理系はコミュニケーション能力が根本的に足りない。」

「そもそも大学の勉強というのは就活には直結していない。」

などなど。

それこそ人の数だけ意見があるだろう。

 

 

今日のエントリーは、

「京大生1勝29敗という就活の現実。

ノマドを目指すあなたが注意すべき点とは!?」

 

 

結論から言えば、

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

という孫子の兵法に行き着くわけだが。

 

 

これはビジネスのフレームワークと言っても

過言ではない。

就活でも転職活動でも、そして「仕事」

そのものにも適用できる。

 

 

つまり、

敵を知る:企業側/上司/顧客のニーズは何か?

己を知る:あなたの付加価値は何か?そしてそれを表現できるか?

 

 

例えば今回のケースで言えば、

山中君がどれだか高いポテンシャルを持っていたとしても、

それを表現し、企業側に示せなければ無意味だ。

だからコミュニケーション能力は重要なファクターに

なってくる。

もっと言うと、山中君が自分自身のコミュニケーションスキル

について理解して戦略を立てなかればならない。

 

 

コミュニケーション不足を事前に理解できたなら、

それを訓練や面接の場数で補うという作戦もとれた

はずだ。

 

 

そして、このフレームワークは

ノマド(特にハイパーノマド)を目指す

あなたにも必要不可欠のものだ。

 

 

すなわち、

敵を知る:市場/顧客/競合、外部環境/内部環境

己を知る:あなたのValue、自己分析

 

 

特に、前者はMBA的には3C分析やSWOT分析、

マーケティング理論やリーダーシップ理論など

多種多様な理論が展開されている。

 

 

そして後者。見落としがちだが後者も重要。

すなわち「あなたはどんなベネフィットを提供できるのか?」

とうこと。自己分析が必要だ。

あなたの今までの経験の延長上にあるのか?

それとも新たに情報をInputして経験を積んでいく

必要があるのか?

 

 

代表的な自己分析用の書籍を紹介しておく、

この本の中のテストであなたの代表的な5つの

資質が導きだせる。

ちなみに私の5つの資質は【プロフィール】

に書いておいた。

 

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

新品価格
¥1,680から
(2013/10/6 17:52時点)

 

 

敵を知る事、そして己を知る事、

両方を理解して初めて、

「百戦危うからず」になるわけだ。

 

 

だいぶ長文になってしまった(汗)

この辺で今日のエントリーをサマライズしたい。

 

 

京大生1勝29敗という就活の現実。

そこから導きだせる、

ノマドを目指すあなたへのIssueは、

「敵を知り、そして己を知れ!」ということ。

 

 

そう、学歴や社名などはすでに

何の付加価値も生み出さない時代なのだ。

 

 


 

 

—– Today’s Contents —–

*【ノマド】

 【経済的自立化】

 ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)