「真の自由」を手に入れろ!

「エグザイルとAKB、共通するマーケティング戦略とは!?」Nomad247.

51c-43G3WFL

 

 

エグザイル商法もかなりエゲツナイ…。

いや、ポジティブに捉えれば、

秀逸なマーケティングと言えるのだろうか?

 

 

9/12付のオリコンシングルデイリーランキングで

「EXILEPRIDE〜こんな世界を愛するため〜」

が1位にランクインした。

 

 

実はこのシングル、今年4月に発売されており、

発売時に1位となり、その後200位圏外にランクダウン。

そして9月に再び1位に返り咲くという、

かなりトリッキーなチャートアクション。

 

 

しかし、この売上げの裏には、

「AKBよりひどい悪徳商法」とのウワサあるわけで…。

 

 

7月にも実はベスト10圏内に返り咲いているが、

それは「テコ入れ」があったからだ。

 

 

ちなみに今回の「テコ入れ」は9/11に開催された

ナゴヤドームのライブで特典を目当てにした

ミュージックカードなどの購入が相次いだ。

 

 

もっと言うと4月のリリース時にはローソン限定

ライブチケット付きCDやミュージックカード含め、

合計17種類も販売!

 

 

これはAKBも真っ青のレベル…。

 

 

ちなみに、「ミュージックカードって何ぞや?」

っていうあなたのために簡単に補足。

 

 

ミュージックカードとは、シングルやアルバムの

音源などの音楽コンテンツをカード型で

販売する商品形態のこと。

ユーザーは店頭でカードを購入後、

スマホやPCで専用サイトにアクセスして、

カードに記載されたギフトコードを入力すれば、

すぐに音源をダウンロードとして楽しむことが

できるというもの。

 

 

もうCDと時代遅れってことですわ。

簡単に言うとね。

 

 

このミュージックカードというビジネスモデル

を日本で初めて採用したのもエグザイルだったり

するわけで…。

 

 

ちなみに、このエグザイル商法。

ネットでは一部のユーザーから叩かれている。

 

 

「AKBを叩く前にこっちをどうにかしろ!」

「AKBの裏に隠れて卑劣な行為をする汚いグループ!」

「エグザイルってなんでここまで落ちぶれちゃったの?」

 

 

だいたいこんな感じ。

 

 

AKBにしろ、エグザイルにしろこのビジネスモデルを

簡単に要約すれば、

「インセンティブを付けて

ユーザーを目的の商品購入に誘導する」

というもの。

 

 

例えば、

インセンティブ:限定ライブチケット

目的の商品:CD

得られるメリット:CDオリコン1位による宣伝効果etc

 

 

これには2つ考えられる。

 

 

1つは単独で目的の商品を売り切る実力がない、

もしくはその環境にないってこと。

 

 

そもそもエグザイルに商品価値があれば、

わざわざインセンティブを付けなくても、

CDは売れるだろう。

それがないから色々な特典を付けて

ユーザーを取り込もうとしているわけで…。

 

 

またこのご時世、そもそもCDというハードが

売れにくい環境にあるのも事実だろう。

時代はネットからダウンロード。

 

 

そもそもかさばるCDはすでに時代遅れだ。

レコードやカセット、そしてMDなどと同じ様に

近い将来なくなっていくだろうね…。

 

 

そして2つ目。

これは企業側、そう商品を売る側の

マーケティングセンスが秀逸ということ。

 

 

先にネットの声として「悪徳商法」呼ばわり

しておいて何だが、これは悪徳でもなんでもない。

 

 

そもそも、どこかに「違法」な部分があっただろうか?

全然ないわけだ。

 

 

つまりこれは悪徳商法でもなんでもなく、

企業側のマーケティングがすばらしいわけ。

 

 

ユーザーのニーズを的確にくみ取り、

特典の購入により本来の目的でもあるCDの

売上を上げるというもの。

 

 

Good Jobなわけよ。

 

 

少し話しを変えると、

あなたのビジネスにもこの戦略を使うことができる。

 

 

つまり、本来の商品を購入してもらうために、

そのエントリーとして特典を用意するわけだ。

 

 

特典でユーザー/顧客を惹き付け、

そして本来の商品を売り込む。

 

 

あなたも試してはいかが?

戦略がハマれば確実に売上げはあがる。

なぜならAKBやエグザイルがそれを証明

しているからだ。

 

 

EXILE LIVE TOUR 2013 “EXILE PRIDE” (2枚組Blu-ray Disc)

新品価格
¥5,577から
(2013/9/29 02:07時点)

 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

*【ビジネス一般】

 【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)