「真の自由」を手に入れろ!

「アップルがASUSに負けた日…」Nomad301.

Ipad_Mini_610x436

 

 

最近、タブレット端末が

普及しているね。

電車の中見てみても、

サラリーマンとか結構

タブレット端末いじっているしね。

個人的にはノートパソコンと、

スマホの中間くらいの位置づけで、

イマイチそのポジショニングが

わからんタブレット…。



 

 

iPad mini retinaを持っているけど、

You tubeで動画を見るくらいに

とどまっているのが現実…(汗)

そして、最近は各社いろんな

タブレット端末を出す始末。

こうなると、余計そのポジショニング

がわかりづらい…。

 

 

過去、タブレット端末でトップシェア

だったアップル!

しかし、ついにそれが陥落。

Nexus7などを擁するASUSが、

トップシェアを奪ったのだ。

 

 

BCNが発表した2014年1月〜6月の

メーカー別シェアでは、

ASUSが38.9%とトップ。

アップルは36.3%。

ちなみに前年同期はアップルのシェアは、

49.7%だったから13.4%ポイントダウン、

ということになる。

逆にASUSは30.9%からのゲイン!

今や勢いは台湾メーカー(だったはず)

のASUSにあるのか!?

 

 

ASUSのNexus 7はGoogleの

アンドロイド端末だから、

ASUSがスゴイというよりも、

むしろGoogleの製品が

素晴らしいのかもね。

価格も安く2,3万円からタブレットが

買えるからね。

一方、アップルのiPadは少しお高め?

私が買ったiPad mini retina 16GBも

確か当時5万円くらいした記憶がある。

当然、34GB、64GBはもっと高いわけで。

そんな金あるならMacBook Air

買った方がいいんじゃないかと思うくらい(笑)

 

 

価格戦略としてASUSの方が

優れていたのかもしれないね。

 

 

エイスース タブレットパソコン VivoTab Note 8 (Office Personal 2013搭載) R80TA-DLPS

新品価格
¥34,800から
(2014/8/4 23:10時点)

 

 

ちなみにここまでずっとASUSって

ローマ字で書いてきたけど、

その読み方は『アスース』

から『エイスース』に変わったらしい…。

詳しくはASUSのホームページ参照。

『アスース』って書いて変換すると、

ASUSってでるんだけどね。

 

 

スクリーンショット 2014-08-04 23.02.44

 

 

話が少しそれたけど。

これからのタブレット端末は、

iPadのような少し高級路線と、

ASUSが提供するモデルのような

低価格で庶民的な製品と、

二極化がどんどん進んでいくんじゃ

ないだろうか?

まぁ全世界をグローバルに見た

場合、低価格の製品の方が市

場規模ははるかに大きそう…。

中国とかインドとか東南アジアとかさ。

 

 

さて、今後のアップルはどうでるか?

iPhone5を出した時のように、

高級路線は5s、

低価格路線は5c。

そんな感じで差別化してくるのだろうか?

個人的には日本ではiPhone5cは

全然流行らなかったように思う。

もっと言うと失敗だったんじゃないかと(笑)

何はともあれ、

しばし静観してみましょう。

 

 

今日はこれまで。

 

 


 

 


 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

 【ビジネス一般】

*【IT関係】

 【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

【ポチっとよろしく!】

【こちらもよろしく!】

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

 

 

カスタム検索

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)