「真の自由」を手に入れろ!

「うつ病を防ぐたった1つの心理とは!?」Nomad227.

120702depressed

 

 

会社でメンタルヘルスケアの研修があった。

 

 

一般職から係長級に昇格して1年目に

メンタルヘルスケアの研修を受けさせられる。

会社の決まりね。これ。

 

 

なぜかって言うと30歳前半くらいの年齢で

「うつ病」の発生率が高いから。

 

 

まぁ確かに昇格やら結婚やら、

人によってはマイホーム建てて借金抱えたりと

いろいろなライフイベントが重なってくる

年齢ではあるよね。30歳過ぎてくると。

 

 

ちなみに私の場合、係長級への昇格は

2012年の1月だったわけだけど、

あまりにも忙しすぎてそんな研修を受けている

時間もなく…。

1年延期して今年受けたわけだ。

 

 

延期している間にメンタルヘルスに

ならなくてよかったよ…。とゆーか、

そんな悠長なことを考えるヒマさえ

ない激務っぷりだったけど。

 

 

まぁ1年間の残業時間が基本360時間。

組合に申請を出してようやく、

540時間までは残業できる。

2011年、2012年とともに530時間くらいの年間残業。

もちろん会社につけていない残業時間もあるわけで。

それら加味すると700時間くらいはあるんじゃ

ないだろーかと…。

 

 

つくづく会社側からしたら「おいしい社員」だなと。

だって会社が定めた時間以上に勝手に働くんだもんね。

私が起業したらこんな人間いっぱい雇いたいわ…。

 

 

少し話がそれてしまった(汗)

今日はメンタルヘルスの話だった…。

 

 

研修でうつ病に陥った人の事例があった。

■家電メーカー勤務9年目。

■2012年係長級に昇格。期待に応えようと意気込む。

 寝る間を惜しんで仕事。疲労感も感じず。

 自分の意見を通し精力的に仕事を進める。

■家族は妻と生後間もない長男。

 妻とは九州の同郷。平日も休日も家事・育児に協力。

■マイホームを購入。

■就寝前にネット。気付くと深夜2時、3時まで。

■夕食は不規則。

■コーヒーや栄養ドリンクを飲むのが日課。寝酒も習慣。

 

 

そして、彼に不調が現れはじめる…。

■疲れがとれない。寝付きが悪い。

■オシャレに気が回らなくなった。

■上司や同僚との衝突。攻撃的になった。

■「自分は嫌われている」と思い込むようになった。

■「何をしてもうまくいかない」と思い込むようになった。

■考えがまとまらない。会議中に涙ぐむことも。

 

 

結果、「うつ」病でリタイヤ…。

 

 

研修では、この事例をもとに、

メンタルヘルスでよく見られる、

3つの思い込みを取り上げている。

 

 

1. 自分に対して

「自分はなんてダメな人間なんだろう…」

2. 周囲に対して

「誰も助けてくれない…」

「この世ににいいことなんか1つもない…」

3. 未来に対して

「この先に何の望みのない…」

 

 

こんな極端な考えを示すようになったら、

メンタルヘルスの一歩手前!要注意。

 

 

そして不調に気付いたら、

生活習慣と考え方を直せと。

 

 

ただ、どうやって直すかまでは

教えてくれなかったわけだが…。

 

 

個人的に先の3つは、

自分、周囲、未来に対して

期待値と現状とのギャップが

大きすぎるから生じるんだと思う。

 

 

いや、そもそも期待しすぎていないか?

 

 

よく考えてくれよ。

 

 

自分はそんなに優秀なのか?

周囲はそんなにお人良しか?

世の中はいつもバラ色なのか?

未来は必ず明るいものなのか?

 

 

私は桜井章一氏(20年間無敗の麻雀打ち)

のこの言葉が好きだ。

 

 

「不調こそ我が実力」

 

 

運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則

新品価格
¥1,365から
(2013/7/29 22:37時点)

 

 

そう、今のあんたが不調なら、

それがあんたの実力なんだよ!

 

 

それを受け止めろ!

そしたらうつになんかなっている

場合じゃねーよ。

 

 

だってそれが実力なんだから!

 

 

メンタルヘルスケアの研修を

受けても/受けなくても私のこんな考え方は変わらない。

そしてこんな心理でいる限り

「うつ」にはなることはないだろう。

 

 

—– Today’s Contents —–

 【ノマド】

 【経済的自立化】

 【ビジネス一般】

 【IT関係】

【セルフマネジメント】

 【エンターテイメント】

—– Today’s Contents —–

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 【Must Buy:自己分析】

 【Must Buy:生き方論】

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

新品価格
¥1,470から
(2013/12/31 21:33時点)

 【Must Buy:ノマド論】

ノマド化する時代 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥1,575から
(2013/12/31 21:35時点)